2013年09月26日

天津チャーハンは意外とクドクなくいける

IMG_2905.jpg

今回は天津飯のパワーアップバージョン、天津チャーハンです。

天津飯おいしそうに見えて、昔のトラウマと言いますか苦手でした。
コンビニの天津飯を食べた際に甘酢の味が変な感じでそれ以来
天津飯が嫌いになっていました。

でも、餃子の王将で最近食べて以来、天津飯系のメニューが超お気に入りに
なりました。

まずタレを選べるのがいいですね。甘酢タレ、塩ダレ、京風タレです。
ちなみに京風はウスターソースをベースに使っているとの事で
ウスターソースの甘みが少ししながら甘酢の酸っぱさがなくなり
まろやかおいしい感じです。

京風もかなりお勧めなのですが、自分の中でベースは塩ダレ。
塩ダレは一番さっぱりした感じで素材を引き立てる感じがするのです。

さらに天津飯ではかかせない卵の層も秀逸です。卵焼きのように
硬過ぎず、ふわふわ層をぎっしり詰め込んだ形(表現が難しい)で
味わいが増します。

さらに卵のボリュームもいい感じです。1つの天津飯に卵3つ分
使っているというのもうなずけます。ご飯のと卵のどちらかが
足りなくなるという事がなく、常に一緒にモグモグといけます。

そして今回は天津チャーハン。天津飯では卵、タレそして中身は白飯という
組み合わせなのですが天津チャーハンは白飯がチャーハンになるという
形なのです。

IMG_3022-2.jpg

こんな形で中身、ぎっしりチャーハンです。王将のチャーハンは
お肉もチャーシューの角切りみたいな形でおいしいですよね。

お皿も大皿と言いますか底深で大きめのお皿でガッツリ食べられる形で
幸せになれます。

塩ダレという事もありますが、味が強すぎる事もなく食べ進められます。
意外とチャーハンの主張が強すぎるという事がなかったのが意外な
発見でした。

610円と単品だと始めは高いかな?と思ってましたがこのボリューム感から
行けば単品で十分いけます。それでいてアツアツでおいしい形で
お昼からパワー出ました。
posted by 松戸ラーメン好き at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 白井ラーメン【餃子の王将西白井店】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。